「大阪がん対策基金」のサポ―トで3病院で253名の方に緩和アロマケアを受けていただけました! 「大阪がん対策基金」活動報告 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

「大阪がん対策基金」活動報告

2018.04.16 by 佐々木 恵子

先生東大阪、酒居

 

昨年9月~今年3月まで「大阪がん対策基金」より

大阪国際がんセンター、大阪市立総合医療センター、市立東大阪医療センター

の大阪府下3病院でのガン患者様とそのご家族への

緩和ケアアロマ活動に対しての

アロマの精油等の材料費とセラピストの交通費の補助を頂き、

3病院合わせて 18日間の活動で、253名の方へのアロマケアを

実施させて頂くことができました。

 

がんセンター2

 

1回1回は小さな活動でしたが

こうやってまとめてみると、253名もの方に喜んでいただけたのかと思うと

とても嬉しく思います。

 

センターセミナー医療

 

そしてこの活動は私一人で出来る事ではなく

緩和アロマケアサポートチームのメンバーがいてくれたから

そして病院のナースの皆様の

「患者様に少しでも心穏やかな時間を過ごして頂きたい」

という想いに助けられて出来た事だと改めて感謝しています。

みなさん、いつもありがとうございます!!

 

総合医療センター

 

また、私達の緩和ケアアロマサポートチームは大阪だけでなく

市立芦屋病院と兵庫県立こども病院、チャイルドケモハウス

ともいき京都さまでも

がん患者様とそのご家族にアロマケアをさせて頂いています。

それらを合わせると昨年9月~今年3月までの半年で

合計 約400名の方にアロママッサージ(アロマトリートメント)を

させて頂いた事になります。

 

kawai

 

一人のセラピストが関われるのは1回の活動で平均4~5名、

1回1回は本当に小さな活動でしかありませんが

こうやってその小さな事を皆が続けてくれたことが

この数字に繋がりました。

 

梅川さん、岩井さん

 

私達の活動はまだまだ社会的には認めて頂ける事がなく

ボランティアから卒業出来ませんが

2人に1人ががんになる現代社会、いえ

がんの患者様だけでなく他の病気のかたにも

私達の活動のような「緩和ケア」は必要なはず

どの病院でも

この様なケアが受けれるようになる事を切に願います。

そんな社会が来るように

また1歩ずつ進んで行こうと改めて心に誓う事が出来ました。

 

緩和、手

 

全国で同じ思いで活動をしている皆さま、

お会いする事は出来ないかもしれませんが

共に頑張っていきましょうね。

 

患者様のこんな笑顔が全国に広がりますように。

 

ネイル笑顔3

 

緩和ケアアロマサポートチームの皆様も

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

最後に改めまして

この度の「大阪がん対策基金」からの補助と

その手続きなどサポートをして下さった皆さま

どうもありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加