患者ファ―ストで!大阪国際がんセンター 「大阪国際がんセンター」×「病室写真家TAKA」 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

「大阪国際がんセンター」×「病室写真家TAKA」

2018.08.25 by 佐々木 恵子

「今までは、5年生存率の数字だけを追いかけていました。

ですが、新しい病院に移転の際に、これからのガン治療はこれでいいのか?

と話し合った時に、患者ファースト、であるべきだという方向性に変わりました」

と大阪国際がんセンターの事務局の方がおっしゃってくださいました!!

その場で私は、その方を抱きしめたかったです!!!

 

チラシがんセンター

 

今年3月に新しくなった「大阪国際がんセンター」は

大阪城目の前の最高の場所に建つ、とても立派な建物です。

日本だけでなくアジア圏で最高のガン治療を目指す病院の考え方が

「患者ファ―スト」だなんて!

時代は、変わりつつありますね!

 

大阪がんセンターとTAKA

 

いつもアロマ&ネイルの体験会でお世話になっているのですが、

今回は「病室写真家TAKA」さんと

がんセンターでの写真展の開催をお願いに行ってきました。

その時のお話しの際に病院のお考えをお聞きしましたが

がんセンターは既に治療に「笑い」「音楽」「絵画」などの

西洋医学以外のケアも積極的に取り入れていらっしゃいます。

勿論、私達の「アロマ」もです。

 

廊下とタカさん

 

TAKAさんの写真展に関してもとても前向きにお考えくださり

写真展の適した場所を一緒に見て回らせてもくださいました!!

いくつか候補の場所を見てワクワク感、半端なかったです(笑)

どこも、きれいで立派でした~~

 

また、

「ここが大阪のがん病院の中心なので、一緒に大阪全体に広めていけたら」

ともおっしゃってくださいました!!

 

がんの治療も、医療関係者の方のお考えも

どんどん進化されているのだな、ととても感激いたしました。

 

「病室写真家TAKA」さんの写真展@大阪国際がんセンターのお知らせも

そう遠くはないかもしれません。

 

お楽しみに💛

タカがんセンター看板と

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加