2019年5月1日は「しまなみ海道」20周年の記念日 もう一つの「2019年5月1日」 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

もう一つの「2019年5月1日」

2019.05.02 by 佐々木 恵子

2019年5月1日は言わずと知れた「令和」元旦。

そして「しまなみ海道」開通20周年の記念日でもあったそうです。

しまなみ海道1

広島県尾道市と愛媛県今治市の6つの島を繋げて架かる7つの橋で出来た

「夢の架け橋」

1999年5月1日に全線が開通してちょうど20年。

建設費は7300億円とか。

先日初めて空からこの橋を見ました。

しまなみ3

これは一番四国寄りの「来島大橋」で

橋の向こうが故郷の今治市。

私が小学生だったころ

それは昭和の時代で、今から40年程前の事。

本州と四国を結ぶ橋の歌があったのを思い出しました!

それも歌っていたのは、三波春夫さん!

もちろん、今でも歌えます ♪

当時は、夏まつりにはその歌に踊りをつけて踊ってましたよ。

『橋を架けよう、架けよう橋を

男の夢は虹よりでっかい』

という歌詞です。

40年前、当時は子供だったこともありますが

それは歌の歌詞であって

実際にこんな大きな橋がかかるイメージなど全くなかったです。

でも、この歌に本当に自分の夢を賭けた人達がいたから

20年後に現実になりました。

今更ながら、すごいな~~~と思ったのです。

本州と四国を結ぶ橋は3本あります。

3本も必要だったかは分かりませんが

この「しまなみ海道」は、

自転車も走れる唯一の橋として

「サイクリストの聖地」となっており

世界中からサイクリストが集まって来ます。

しまなみサイクリング

しまなみサイクリング2

今年も国際大会が秋に開催されると思います。

詳しくは下でチェックしてくださいね。

(写真もこのサイトからお借りしました)

http://cycling-shimanami.jp/

本州に渡るのに船を使わなくなり、

島の救急搬送は3分の1の時間に短縮されたり、

便利さと豊かさ(少しのマイナスも、、、)を運んできた

「しまなみ海道 = 夢の架け橋」

人の想いが、こんなでっかい橋を造ったんですね。

しまなみ海道の6つの島にはそれぞれ見どころ、食べどころがあります!

是非1度、行ってみてくださいね。

「しまなみ海道」の架かる瀬戸内海はのどかです。

https://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/guide/route-guide/use_e.html

 ※ ※ ※

~番外編~

三波春夫さんは1970年の大阪万博のテーマソングを歌った方です

ああ、懐かしい

https://youtu.be/SgOteYLTS9o

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加