もう1度笑って欲しいと思いながらマッサージをしました もう1度だけ。 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

もう1度だけ。

2019.05.13 by 佐々木 恵子

※ ※ ※

朝からおなかの痛みが取れなくて

眉間にシワを寄せてベッドに横になっていたその患者さま。

もう体を動かすことも、

話をすることもできない状態でした。

※ ※ ※

眉をひそめて、苦しそうな表情のその方を見て

「もう1度、笑ってほしい」

ただただ、そう思いながらおなかのマッサージをしました。

※ ※ ※

まだ30代と思われるその患者様。

家にのこした子供たちの事が

気になっていたかもしれません。

きっと優しいお母さんだったんだろうな。

※ ※ ※

10分ほどマッサージをした時、

その方の右目から一筋涙が流れました。

そして

目を開けて、目だけを動かして私を見て

右手を必死で動かしてブランケットから出し、

その手の平を胸の前で立ててくれました。

口元には、少しだけ微笑みをたたえて下さって。

※ ※ ※

もう随分前の事ですが

今でもあの時はベッドの側に

マリア様が居てくださったのではないかと

思えてならないのです。

あの時、

あの方はほんの少しの時間でも

楽しかった思い出を思い出してくれていたのではないかな、

と思えるのです。

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
佐々木 恵子

最新記事 by 佐々木 恵子 (全て見る)

そのほかのブログ

↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加