化学治療中の患者さまへのアロマ 大阪市立医療センターにて化学治療中のガンの方へのアロマ | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

大阪市立医療センターにて化学治療中のガンの方へのアロマ

2017.01.26 by 佐々木 恵子

今日は大阪私立医療センターで
緩和病棟の患者様ではなく、
化学治療中のガンの患者様へのアロマの日でした。

化学治療中の患者様は
一見、健康な方と変わらない方が多いのですが
やはり、
脚がむくんでいたり、冷えていたりとお体に不調を抱えていらっしゃいます。

見えないですが
気持ちにもやるせなさや、辛さをお持ちなんだと思います。

そんな患者様と
トリートメント中に何をお話すればいいか
悩みます。

ただ、
アロマトリートメントは
トリートメント中に気持ちよくて
目を閉じてゆっくりする方が多いので助かります(笑)

そして
施術前のカウンセリングもナースの皆様がしてくださり、
主治医の先生からの許可も頂いているので
ガンの患者様へのアロマトリートメントも安心して出来ます。

また、
ナースの皆様が
アンケート用紙や説明文、前回の感想文をまとめてくださり
打ち合わせや反省会をしてくださるのもとても助かります。

これからも
みんなで力を合わせて
患者様方に喜んで頂ける時間と空間を
提供させて頂きたい頂きたいと思います。

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加