母親として、娘の花嫁姿を見れるという事 娘の花嫁姿を見れた事 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

娘の花嫁姿を見れた事

2017.10.01 by 佐々木 恵子

昨年の10月1日は、娘の結婚式でした。

悩みに悩んで選んだウエデイングドレスを来た娘は

今までで一番幸せに輝いていました。

母として最期のお勤めである「ベールダウン」も無事に終えた私も

こんなに幸せそうに笑っていたんですね。

=====================================

昨年は、緩和病棟で2組の「母と娘」にお会いしました。

患者は「娘」さん。

そしてお2人とも、私の娘と年頃が同じでした。

自分の子どもの看病をする事以上に、親として悲しい事があるでしょうか、、、

それでも「母は強し!」

どちらのお母様も、いつも笑顔で私達が患者である「娘」さんに

アロマのマッサージをするのを見てくれていました。

=====================================

娘の結婚式は母として、何より嬉しいものです。

でも、私はこの患者様とお母様にお会いしたことで

その喜びが、何倍にも、何十倍、何百倍にも深くなりました。

母親として「娘の花嫁姿が見れる事」は、当たり前ではなかったんですよね。

 

緩和病棟で出会う患者さま方には、

元気で居られる事。毎日が普通である事。

それが、どれほど「有難い事」かをいつも教えて頂きます。

=====================================

あなたの時間は、当たり前ではない。

私の時間も、当たり前ではない。

それは、あの人達が、

欲しくても手に入れる事が出来なかった時間なのだから。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加