「終末期におけるアロマセラピー」の講演をさせて頂きました。 東日本震災復興のチャリテー講演会に登壇させていただきました | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

東日本震災復興のチャリテー講演会に登壇させていただきました

2018.03.29 by 佐々木 恵子

株)大阪わいずプランニング、西口泰社長が7年前から続けている

東日本震災復興のためのチャリテー講演会の講師として登壇させていただきました。

テーマは「終末期におけるアロマセラピー」

3月14日2

緩和ケアにおける私達ボランティアチームの活動を紹介させて頂くとともに

その活動の中で、

がん患者さまやそのご家族にアロマがとても喜んで頂けている実状を

お話しさせていただきました。

 

色々な方が参加してくださり

嬉しい感想を残してくださいました。

 

がんのサバイバーの方

サバイバー

 

ご家族をガンで亡くされた方。

アンケートかなこさん

 

アンケートお父さん

 

小児病院でボランティアをされている方、

アンケートこども病院

 

また、こんな風に行政の取り組みの必要性を感じて下さった方、

アンケート行政

 

病院の導入の必要性を感じて下さった方、

病院アンケート

 

皆様、素晴らしいご感想をくださり

主催の西口社長が「今までにない、深い感想を皆様がくださいました」

とおっしゃってくださいました。

 

緩和ケアにおけるアロマセラピーの目的は

①患者様のQOL(生活の質)の向上

②ご家族の看病のお疲れのケアとグリーフケア

ですが

まだまだ認知の低いこの「緩和ケアにおけるアロマセラピー」の必要性を、

1人でも多くの方に知って頂き、ご理解頂き、ご支援頂ける社会をめざして

今後も頑張ります。

 

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

 

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加