病気の人は可哀そうな人ですか? 病人は、可哀そうな人か? | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

病人は、可哀そうな人か?

2019.05.14 by 佐々木 恵子

 

病気になると出来なくなる事が増えてくる。

病気になるとやせ細ってシワシワになるかもしれない。

                  お化粧も出来ずに

病院のベッドに寝たきりになるかもしれない。

美味しいものも食べれなくなるかもしれない。

※ ※ ※

だから、

  病人って、可愛そうな人??

※ ※ ※

私がアロマのマッサージでお会いした、

がん患者である「病気の人」は

みなさん、それぞれに素晴らしかった。

※ ※ ※

私たちは、患者さんに会うたびに

教えて頂くことが沢山あった。

※ ※ ※

それは

命の時間には限りがあり

当たり前が何よりも当たり前で無いという事だった。

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加