病院の「ほのぼのコンサート」Tears for tears 病院での「ほのぼのコンサート」Tears for tears | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

病院での「ほのぼのコンサート」Tears for tears

2017.08.05 by 佐々木 恵子

毎月一度の「ほのぼのコンサート」
アロマケアに伺っている病院で開催されています。

皆様、こんばんは。
緩和病棟アロマセラピスト
英国IFPA認定芦屋サテライト校、ステラ・マリス 佐々木恵子です。

このほのぼのコンサートは、
病院のスタッフと外部のボランティアで構成されています。

毎月必ず一度の開催がもう50回を超えています。

それは、
やっぱり愛が無いとできないと思うのです。

だから、
その名の通り、毎回いつも本当にほのぼのします!

そんな温かなコンサートですが、

今回は特に、胸に迫る景色がありました。

緩和病棟の患者様に付き添っていた若い研修生のその患者様を見守る
慈愛に満ちた眼差し。

そして、

ベットのまま聴きに来ていた患者様の手を握り優しくさすり続けていたご家族。

そこにも愛が溢れていました。

{3F013485-2858-4403-ACCC-D6677EBB51B5}

そして、
最後の曲はX-Japanの「Tears」

サックス🎷で聴くその曲がまた何とも言えず、、、、、

今回は不覚にも、涙が出てしまいました😥

そんな時に限って隣のオバサマが「いい曲ね〜」とかって声かけてくるし、、、

泣いてるのバレたじゃないですか。

でも今回は、
その涙、止める事ができませんでした。

X-Japanの「Tears」
ヘビーローテーション、確実です。

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加