「わたしはここにいますよ」緩和ケア、最新の医療と共に大切な事は、、、 NY 視察ツアーVol.2~「私はここにいます」カルヴァリ病院 | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

NY 視察ツアーVol.2~「私はここにいます」カルヴァリ病院

2019.10.12 by 佐々木 恵子

世界の緩和ケアのお手本である「カルヴァリ病院」では

緩和ケアの真髄を学ばせていただきましたが、

その一つがこの言葉。

「わたしはここにいます。

 一緒にいて、どこにも行きませんよ」

この言葉をDr,ロバートは

目の前に座っていたメンバーの一人の手を握りおっしゃいました。

 

カルヴァリ病院1

 

緩和ケア、特に終末期のケアにおいて大切な事は

「医療的なケアと共に人として尊厳を持って死んでいく事」

であるとDr.ロバートはおっしゃいました。

そして、

「医者は患者を愛することを学ばなければばらない」とも。

 

治る見込みを無くし、死に直面している終末期の患者の方々にとって

心から心配してくれている事、

いつも気にかけてくれている事、が実感できることは

最高の医療と共に、最高のケアであると再確認させて頂きました。

そして、そのケアになら

医療者でない私達アロマセラピストも係ることが出来ます。

 

もちろん、このカルヴァリ病院にもアロマセラピーのサービスはじめ

色々なジャンルのレクリエーションが用意されて

毎日プロクラムが組まれています。

この日はお天気も良く

中庭で、陶器に色付けをするプログラムの日でした。

この後、車いすの患者様たちが、どんどん集まってこられました。

 

カルヴァリ レク              カルヴァリ病院3

(レクリエーションの準備中)

 

そして、このカルヴァリ病院の病棟は1フロア8病室、

全て個室で、その個室が常に見渡せえる様にドアは開かれ

ナースステーションを囲むようにまるく配置されており

ナースステーション自体もまるく設計されています。

 

カルヴァリ病院ナースセンター  カルヴァリ病院病室

(病棟の写真は紹介ビデオからお借りしました)

前回お伝えしたように

病室には家族のためのベッドも備え付けてあります。

 

病棟でお会いしたドクターも優しそうです。

カルヴァリ病院廊下

 

棚には、ここで亡くなられた方のご家族から

感謝のお手紙が飾られていました。

大切なお母さまがこの病棟で充実した毎日を送れたこと

何より「dignity=尊厳」を持って死を迎えられた事を感謝します、

と書いてありました。

 

カルヴァリ病院手紙

 

こんな病院で最期の日を過ごすことができたら

どんなに幸せでしょうか!!

それまでどんなに辛い事があった人生でも

きっと、

感謝と笑顔でその人生の終わりを迎える事が出来るのではないかと思います。

それは、

遺される遺族にとっても嬉しい事であり、

悲しみを乗り越えていく原動力になるのではないかと思います。

 

この素晴らしいカルヴァリ病院も、やはり寄付で運営されており

金色に輝く「TREE OF LIFE」が壁に飾られていました。

カルヴァリ病院 木

 (寄付した方のお名前がプレートに記載されていました)

 

どんな人でもこの様なケアを平等に受けられるように社会で支える。

それも見習いたい姿勢でした。

 

病気ではない私でも、

入院させていただきたい気持ちになる、素晴らしいカルヴァリ病院。

 

この病院で学んだ事を

今のがん患者とそのご家族へのアロマケアの活動に

活かしていくことを誓い

Dr.マイケルと共に参加した皆様と手をつなぎ大きな輪を作りました。

カルヴァリ病院大きな輪

 

追伸♡

ランチには、

パスタサラダとフルーツとサンドウィッチを病院がご用意くださいました!

カルヴァリ病院ランチ

(とても美味しかったんですけど全部食べられなくて心のこり、、)

 

そして

セミナー時間も最初の予定より1時間以上超えての熱い講義。

でもあっと言う間の5時間でした。

私達を、Super Welcomeで迎えて下さったカルヴァリ病院の皆様と

この貴重な機会をセッティングして下さったSHAREの皆様に

改めて感謝いたします!

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
佐々木 恵子
緩和病棟でのアロマボランティアとして8年間で約1600名のがんの患者様、そのご家族、病院スタッフをケアした経験を元に、芦屋をベースに「アロマハンドケア養成講座」を始め、家庭から医療、介護分野で活かせるアロマセラピストを育成しています。
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加