「もっと早く知りたかった。母が亡くなる前に」 もっと早く知りたかった | 看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス

看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス看護や介護に活かせる芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

もっと早く知りたかった

「アロマハンドセラピスト育成講座」にご参加の斉藤さんは
お母様が亡くなる前にハンドマッサージを知りたかった、と言われました
もっと早く知りたかった

「アロマハンドセラピスト育成講座」にご参加下さった斉藤さま。

講座の最後に「もっと早く知りたかった」と言われました。

昨年、お母様をがんで亡くされたそうです。

「母にもハンドマッサージをしてあげたかった」と残念そうに言われました。

そして

「でも、その分主人の母にしてあげます!」と笑顔で言ってくださいました。

仲良くご主人のお母さまにハンドマッサージをされている姿が目に浮かびます。

 

まだまだ、アロマハンドマッサージを待ってくださっている方がいるかもしれませんね。

 

そのほかのお客様の声

がんセンターのアロマケア、デビュー致しました!

NHK文化センターの1日講座「アロマハンドセラピスト育成講座」に参加されたのがきっかけで 2年かけて「ポラリテイブケア講座」「英国IFPA認定講座」を受講され、 大阪国際がんセンターでの緩和アロマケア活動にデビューされました!
立石典子さん(芦屋教室)

70歳過ぎても、誰かのために役に立ちたい

「70歳を過ぎても、誰かの為に役に立ちたい」と介護のお仕事もし、メイクやネイルのボランティアにも参加されていて、更に「ハンドマッサージ」を習得してご主人や、仕事のお仲間にしてあげたい。また、いつか病院での緩和ケアアロマ活動にも参加してみたい」と意欲的な生徒さんです。
齊藤 公子さん(芦屋教室)

乳がんの母へのマッサージの時間がいい思い出に

乳がんだった母の終末期に、足のオイルマッサージしていました。 今は、その時間がとてもいい思い出になっています。 でも、あの時「香り」があったらもっと母に喜んでもらえたのかな、と思い 「香り」の勉強がしたくてこの講座に参加しました
横田智子さん(川越教室)
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加