芦屋のアロマ/ステラ・マリス

芦屋のアロマ/ステラ・マリス芦屋のアロマ/ステラ・マリス
お問い合わせはこちら

患者様の気持ちが少しでも和らいでいただけたらと心を込めて施術させていただいています。

高齢者介護施設でシニアケアといってエステやマッサージをされている泰松さんが、ステラマリスの緩和病棟アロマボランティア育成講座を受けていただいたので、インタビューをしました。

泰松 真紀 さま

患者様の気持ちが少しでも和らいでいただけたらと心を込めて施術させていただいています。
泰松さんは高齢者介護施設でフットセラピーを出張サービスとボランティアをされていました。
元々、美容学校の講師をしていた頃からアロマに興味をお持ちのようで、そんな中、よみうり文化センター主催の「緩和病棟アロマセラピスト」という私の講座の案内をご覧になられて受講してくださいました。
泰松さんに、なぜ私の講座を受けていただいたかを、インタビューさせていただきました。
佐々木 恵子
佐々木 恵子

緩和病棟アロマボランティアをしようと、もしくは講座を受けようと思った きっかけはなんですか?

元々、シニアケア(高齢者に対するトリートメント)に10年以上関わり、
その中で、医療ではないケアの重要性、継続の必要性を感じていた中で、
佐々木様とのご縁があり、今までの経験を緩和病棟でも活かせていければと思い、
受講させていただきました。

 

インタビュアー
泰松さんは、元々アロマに興味があったのですか?
泰松さん
元々アロマのことも知っていたのですが、医療分野でのアロマの効果を学ぶことで科学的にも分析されていることを知り、今まで以上にアロマって奥深いものだと感じて、自分の仕事でもアロマを活用していました。
インタビュアー
仕事でもアロマを活用していたとのことですが、泰松さんのお仕事とはどんなことをされているのですか?
泰松さん
自宅でサロンをしているのですが、高齢者介護施設からの要望でフットセラピーのボランティアと有料のサービスを提供しております。

 

他にも、いろいろなボランティアや習い事、スクールや趣味などがある中で、 緩和病棟アロマボランティアをしようと思った決め手はなんですか?

佐々木様の現場実践に伴った内容を学べると思い受講に至りました。
シニアケアと重なる部分も多く、共感する内容と
また緩和ケア独自の問題点も学べて勉強になりました。

 

インタビュアー
泰松さんご自身が仕事でアロマを活用されていたかと思うのですが、なぜステラマリスの緩和病棟アロマボランティア育成講座を受講しようと思ったのですか?
泰松さん
きっかけは、よみうり文化センターの講座の新聞広告を見てなんですが、「緩和病棟アロマセラピスト」だったかな?そういう名称の講座があるというのを見て、興味を持ちました。
インタビュアー
興味を持って、実際に講座を受けようと思った決め手はなんですか?
泰松さん
講座のチラシに佐々木さんの顔写真も掲載されていましたし、調べてみると、緩和病棟で活用されているとわかったので、佐々木さんにコンタクトを取らせていただきました。
インタビュアー
泰松さんご自身も高齢者介護施設でアロマを使ったセラピーをしていたと伺ったのですが、なぜ緩和病棟ということに興味をお持ちになったのですか?
泰松さん
そうですね、私自身、高齢者介護施設でフットセラピーをしているのでノウハウはあるのですが、病院で終末期の医療を受けられている方への施術となると、より専門的な知識も得られるんじゃないかと思って、学ばせていただきました。

実際に、緩和病棟アロマボランティア育成講座を受けてみて、どうでしたか?

高齢者介護施設で私たちが元々提供していることで
気を付けていること・大事にしていることが、
佐々木さんが伝えていることも同じでした。

緩和病棟だと施術を受けられる方が高齢者に限られているわけではないので、
施術をする側の立ち振る舞いも大事だということも学びました。

 

インタビュアー
アロマを通して伝えたいことや、大事にしていることはなんですか?
泰松さん
コミュニケーションはもちろんのこと、施術をしている時間、その方に気持ちを込めてトリートメントするということですね。
インタビュアー
どんな人でもアロマを使った施術をしたほうがいいのでしょうか?
泰松さん
もちろん、アロマは良い効果があるのですが、こちら側から無理におすすめすることはありません。
施術を受けられる方の気分やお気持ちを配慮して施術を行っています。

緩和病棟アロマボランティアのことに興味を持ち始めた方に何かメッセージをお願いします。

アロマの力と、自分の手を通して届けられるもの、
お金だけじゃない大切なことが学べるので、志のある方は一緒にやっていきたいと思います。

 

インタビュアー
アロマを通して、与えられることが多くあるんですかね?
泰松さん
そうですね。それもありますが、施術をするこちら側が人間的に成長させてもらえることが大きいと思います。
インタビュアー
泰松さんご自身が、施術をする上で大事にしていることなどはありますか?
泰松さん
私たちは高齢者介護老人施設で、佐々木さんは緩和病棟でという世界は違うものの、施術を受けられる利用者の方や患者様、そしてそのご家族の気持ちに寄り添うことを大事にしている部分が共通しています。
また、緩和病棟で施術を受けられる患者様には、その時間だけでも気持ちを和らいでいただけたら、と思っています。

泰松さんの活動されているシニアケアについて詳しくはこちらをご覧ください。

ブログはこちら

 

ブログはこちら

 

 

 

泰松さんは、高齢者介護施設で施術を行っていることもあり、私の想いにも共感していただきました。
私や泰松さんのように、アロマで癒してあげたいという人を増やしていきたいと思います。
佐々木 恵子
佐々木 恵子

そのほかのお客様の声

yoga とアロマハンドマッサージ

母と妹と一緒に参加しました。ヨガをしているのでヨガの時にハンドマッサージをしてあげたいな、と思っています。また頂いた修了書をいかして介護施設などでもハンドマッサージが出来たらいいな。 妹は、祖母が病気になったことでアロマセラピーに強く興味を持ったようで、医療でも活躍できるアロマセラピストを目指しています。
坂井 友美さん

家族が緩和病棟でアロマをして頂いていたので。

「緩和病棟で家族がアロマをして頂いていました。アロマを受けると時間が変わったんです。それで私も出来る様になりたいなと思い、セミナーに参加しました。
瀬川 久仁子様

患者様の気持ちが少しでも和らいでいただけたらと心を込めて施術させていただいています。

高齢者介護施設でシニアケアといってエステやマッサージをされている泰松さんが、ステラマリスの緩和病棟アロマボランティア育成講座を受けていただいたので、インタビューをしました。
泰松 真紀 さま
↑
Facebookでシェア
Twitterでシェア
はてなブックマークに追加